トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

英語多読教材コーナー

平成23年度から新教養英語カリキュラムの導入により,中央図書館に英語多読教材コーナーを設置しました。1階ラーニングコモンズ「アゴラ」  内に約10,000冊の多読教材が配架されています。 医学図書館・理工学図書館でも約4,000冊ずつ所蔵しています。

多読とは

大量の英文を読み通していくことで,英語力を養う学習法のことです。ルールはこの3つ。
  ●辞書は引かない
  ●わからないところはとばす
  ●つまらなくなったらやめる

 辞書なしでも簡単に楽しめるレベルから始め,徐々にレベルを上げていきましょう。英語を英語のまま理解できる基礎を作るには,総語数100万語程度の読書が必要と言われています。

【貸出について】

  • 貸出期間・冊数は一般図書と同じです。利用される方の所属により異なりますので,詳しくは館内資料の利用をご覧ください。
    (※貸出冊数の上限は,英語多読教材以外の一般図書も含めた合計です)
  • CD付きの図書は,CDの貸出も可能です。
    なおCD付き図書は自動貸出返却機の利用ができません。貸出・返却の際にはカウンターへおいでください。
  • 群馬大学の学生・教職員の他,学外の方も群馬大学図書館の利用証をお持ちであれば貸出可能です。
    利用証作成の手続きについては学外者の利用についてをご覧ください。


【図書の探し方】
 教材は語彙数(Headwords)により,「Beginner(=レベル1)」から「Advanced(=レベル5)」まで5段階のレベルに分類されています。また,各レベルごとに以下のように色分けしたラベルを図書の背表紙に貼っています。

レベル


Beginner




Elementary




Intermediate



Upper
Intermediate




Advanced

語彙数0~300 301~800 801~1,500 1,501~2,400 2,401~4,500
請求記号M1 M2 M3 M4 M5

 英語多読教材の請求記号(図書を探す基準となる記号)は,頭に必ず「M」がつきます。(Mの後の数字がレベルを表します)
図書の背表紙に以下のような三段のラベルが貼ってあり,図書はまずレベル別,次にシリーズ別に分けられて,図書番号順に本棚に並んでいます。
オンライン目録で検索した図書を探す時には,この請求記号を元にしてください。

例:
M1
←レベル
←シリーズの略記号
←シリーズ別の図書番号

 オンライン目録では「M1:C:5」と表示されます。
 この場合は,レベル1のシリーズ「Cambridge English readers」の5番目の図書を表しています。
 (※シリーズの略記号は,英語多読教材コーナーに一覧表を掲示しています。詳しくはそちらをご覧ください)


【総語数について】
 図書1冊あたりの総語数(Total word count)について,本の中に表記のないものが混在しています。表記のない図書の総語数は以下のリンクより一覧表をご覧になれますので,こちらでお探しください。

参考リンク:ERF Graded Reader List