トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

センター長挨拶

総合情報メディアセンター長 田中 麻里

総合情報メディアセンターとは,図書館,情報基盤部門,及び事務情報部門を2005年に統合した組織です。学術情報基盤の提供を通して,本学の教育・研究・社会貢献活動を支えることを理念としています。図書館には荒牧キャンパスの中央図書館をはじめ,医学図書館(昭和キャンパス),理工学図書館(桐生キャンパス)がありますが,それぞれラーニングコモンズの整備事業を終えたところです。

荒牧の中央図書館は,1階がコミュニケーションを取りながら学習できるアクティブゾーン,2階は静かに集中して学習するクワイエットゾーンになっています。1階にはPCはもちろん,大小さまざまな可動式テーブルがあり,個人でもグループでも利用しやすくなっています。色とりどりの家具によって雰囲気も明るくなっています。新聞や雑誌も揃っていますので一人でも気軽にご利用ください。理工学図書館も改修前に比べて利用者が増えています。医学図書館も3月末に工事が終了したばかりです。

また中央図書館のラーニングコモンズでは,昨年度に引き続き,授業関連書籍を置いて,大学院生による学習相談も4月から実施しています。履修相談やパソコンの利用方法など分からないことがあれば相談してください。

情報基盤部門では情報セキュリティの充実を図っています。全学無線LANシステムの更新やアクセスポイントの増設も行われました。さらに,安全なネットワークシステムの整備,情報セキュリティ対策と利用者の意識啓発にも継続して取り組みます。

メディアセンターがみなさまに親しまれ,文化・情報の発信基地としての役割を強化できればと考えております。どうぞご意見やご要望などを総合情報メディアセンターまでお寄せください。
よろしくお願いいたします。