トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

「尾崎喜左雄博士調査考古遺物展示」を更新しました

2017年07月31日

1Fロビーにて,尾崎喜左雄博士調査考古遺物を展示中です。群馬県立歴史博物館の協力のもと,展示替えを行いました。今回は,玉村で発掘された考古遺物を展示しています。ぜひ足を留めてご覧ください。

  

 

 尾崎喜左雄博士

昭和21年から45年と長年にわたり県内の古墳発掘調査に携わり,県内300以上の古墳の調査を行いました。国内でも有数の古墳王国である群馬の考古学の礎を築いた研究者です。古墳だけでなく,多数の遺跡の発掘調査も行いました。尾崎博士の研究成果である資料(考古遺物・記録・写真)は,現在も教育学部の倉庫に保管されています。

展示物紹介

尾崎喜左雄著作

『横穴式古墳の研究』1966,吉川弘文館

芝根村第14号古墳(佐波郡玉村町大字川井)
  • 須恵器・提瓶
  • 発掘調査時のメモ
 玉村町第14号古墳(佐波郡玉村町角渕)
  • 鉄製鍔
  • 鉄地金銅張耳環
 萩塚古墳(佐波郡玉村町上茂木)
  • 鉄鏃
  • 発掘調査日誌
芝根15号古墳(佐波郡玉村町川井)
  • 須恵器・長頸壷の出土状況
  • 須恵器・長頸壷
  • 発掘調査日誌

※展示物は定期的に更新しています。