トップへ戻る

  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

特別展示「群馬県の古墳発掘の父・尾崎喜左雄博士展 Part7~群馬県内の古墳発掘・調査の歴史を識る~」を開催します(11/24~1/12)

2022年11月14日

中央図書館では,群馬大学創基150周年記念関連事業として,共同教育学部に保管されている尾崎喜左雄博士(群馬大学名誉教授)による古墳発掘・調査の記録および考古遺物資料を,群馬県立歴史博物館の協力のもとで展示します。

概要

尾崎博士は,昭和20年代~40年代にかけて県内300以上の発掘調査を行い,群馬の古墳研究の礎を築いた研究者です。尾崎博士の長年の研究成果は,現在まで群馬大学共同教育学部に保管されており,「考古遺物・記録・写真」の3点が揃った調査資料は全国でも類を見ない貴重な資料であると専門家から評価されています。
 7年目となる今回の特別展示では,前橋・赤城山南麓地域に焦点を当て,埴輪などの考古遺物,調査資料や写真,尾崎博士の業績を紹介するパネルや関連図書の展示を行います。また,期間中は展示解説や講演会も実施します。
 
 展示やイベントはすべて無料でご覧いただけます。どうぞお気軽にお出かけください。

展示期間

2022年11月24日(木)~2023年1月12日(木) 開館カレンダー

展示場所

中央図書館2階学習室(開室時間10:00~17:00館内マップ

展示図書

OPAC画面の図書リスト OPAC画面では,所在欄に「中央図ギャラリー」と表示されます。(展示期間中のみ)
展示図書リスト

展示解説

深澤敦仁氏(群馬県立歴史博物館 学芸係長)による展示解説を行います。<申込不要>

11月30日(水)11:30~12:00(第1回),13:30~14:00(第2回)
 12月18日(日)11:30~12:00(第3回),13:30~14:00(第4回)

講演会

11月27日(日)に荒牧キャンパスにて開催されるホームカミングデーにて,群馬県立歴史博物館特別館長 右島和夫 氏(群馬大学教育学部卒業生)による講演会を実施します。
日 時:11月27日(日)13:30~15:00 <終了しました>
テーマ:「群馬県における古墳時代の繁栄と群馬大学の功績」
会 場:大学会館ミューズホール(定員100名)
ミューズホールでの観覧には事前申込(申込〆切:11/18)が必要です
※入場できない方も,サテライト会場(中央図書館ほか)にてご視聴いただけます。
ホームカミングデーについてはこちらのページをご確認ください。
 

ポスター

尾崎喜左雄博士展Part7ポスター←画像をクリックするとPDFが開きます。

留意事項

  • 【学外の方】入館の際は,受付にて学外者受付票にご記入ください。滞在時間は2時間までとさせていただきます。
  • 咳,発熱など風邪症状がある方は入館をお断りします。
  • 館内ではマスクを着用してください。
  • 入館時に検温,アルコールによる手指の消毒を必ず行ってください。
  • ソーシャルディスタンスを保ち,大声での会話は慎んでください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策のため,会期や開館時間が変更となる場合があります。

お問い合わせ

中央図書館 TEL.027-220-7185