トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

工学分館からのお知らせ

2012年02月24日

工学部の皆さまへ

工学分館長 中野眞一 (情報工学科)

昨年からお知らせしておりますが、来年度、工学分館が新しくなります。
今回は、改修スケジュールについても、お知らせします!

図書館工学分館は、キャンパスの北のはずれにある情報基盤部門(旧情報処理センター桐生分室)と合体し、図書と電子メディアの両方を快適に利用できる、 「総合情報メディアセンター工学分館」として新しく生まれかわります。既存の工学分館の改修2,480平方メートル、及び一部増築1,490平方メートル を2012年度に行います。

(1) 図書と電子メディアの両方を、快適に総合的に利用できる環境を整備します。教育研究の情報基盤を強化します。集密書架により図書の収納と探索を効率化します。

(2) 学生個人や学生グループの、課題探求・問題解決・問題発見等への自主的な取り組みを支援します。リフレッシュプラザ、ラーニングコモンズ、学習室、サイレ ントスペースなど、多様な空間を整備し、多人数での討論、少人数でのグループ学習、静かに個人学習など、利用者の多様なニーズに対応します。長時間の滞在 に適した環境とします。

(3) 先進的な情報教育を推進します。ラーニングコモンズ、多目的ホールなどに最新のPCを用意します。大規模の計算機を備えた演習室を2部屋整備し、PCやインターネットを活用する新しい授業の増加に対応します。

(4) 多様な利用者や技術の進歩に柔軟に対応します。通路やホールを広くとり、車椅子の利用や防災に対応し、安全で快適な施設とします。図書館司書と情報基盤部門スタッフの連携が強化し、安全で快適で先進的な地域の学術情報拠点を形成します。

改修中は、総合研究棟3階をお借りし、図書館サービスを部分的に継続して提供します。要望の高いものを優先して、できる範囲でサービスを継続して提供します。

ご要望等を図書館工学分館、もしくは、工学分館長 中野までお寄せください。

【参考】

  • 改修中に継続するサービスの説明
    ※総合研究棟3階での臨時開館のレイアウトを2ページ目に記載します。図書も(全てではないですが)利用の多いものを選び、閲覧や貸出を継続します。また貸出上限数を緩和し、改修直前に貸し出し、改修後返却として長期間貸し出します。