トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

センター長からの重要なお願い:SINET4の稼動が実現するよう,パブリックコメントをお寄せください

2010年10月01日

最高情報責任者(CIO)補佐
総合情報メディアセンター長
末松 美知子

平素は当センターの運営,ならびに群馬大学学術情報ネットワーク (Gunet)のご利用誠にありがとうございます.

ご承知の通り, Gunet は学術情報ネットワーク (SINET) により Internetに接続されております.この度, SINET の整備・運用に係る経費が,パブリックコメントによる政策コンテストを実施する「元気な日本復活特別枠」における文部科学省要望項目『「強い人材」育成の ための大学の機能強化イニシアティブ』の「成長の土台となる教育研究基盤の強化 (国立大学(運営費交付金)) 」に計上されました.

ネットワークはインフラストラクチャであり,なくてはならないものですが,一方で大学等の教職員や研究者にとって学術情報基盤はあまりにも基本的なもので,あって当たり前という意識が根強いのが現状です.

このような現状認識の下,仮にパブリックコメントに充分な意見が集まらなければ,SINET に係る予算が縮減される可能性があります.このことは学術情報基盤の崩壊を招き,本学の教育研究活動への甚大な影響を発生させるものとなることでしょう.

折しも本学では SINET4 への移行を前提にネットワークの広帯域化を計画しているところです.学術情報ネットワーク基盤整備の緊急性・重要性について,ぜひ皆様からのパブリックコメントを多数お寄せいただけますようお願い申し上げます.

なお,本メールを関係者や関連コミュニティ等に転送いただき,同様に本件に関するパブリックコメントをお寄せいただけるよう働きかけていただければ幸いです.

パブリックコメントの提出方法は,以下のとおりです.
○ 官邸サイト「元気な日本復活特別枠」要望に関するパブリックコメント
http://seisakucontest.kantei.go.jp/
○ 左側の分野別
「人材育成・新しい公共」をクリック
○ 事業番号 1905
事業名「「強い人材」育成のための大学の機能強化イニシアティブ」をクリック
○ 「この要望についての意見を提出する」をクリック
○ この事業について評価いただくとともに,自由記述欄に学術情報基盤に対するご要望,ご意見をご記入ください.

(参考) 文部科学省ホームページにより詳細な資料が掲載されています.
http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/h23/1297736.htm