トップへ戻る

         
  • PCs and BookShelves

群馬大学総合情報メディアセンター

全学Gmailへの移行についてのお願い

2010年04月07日

総合情報メディアセンター長 末松 美知子

平素は本学学術情報ネットワークならびに本センターのサービスのご利用誠にありがとうございます。

当センターでは平成21年度のシステム更新で、GmailをはじめとするGoogleAppsを採用し、コスト削減ならびに利便性と可用性の高いサービスを目指して参りました。全学Gmailの現時点での利用者は9,000名を越え、本学最大のメールシステムとなっていることからも分かる通り、この取り組みは多くの皆様に歓迎されております。

平成21年11月に開催された情報化推進室会議では、本学情報化基本方針「2. 情報の一元化を強力に推進し、業務・システム最適化による業務の効率化を図る」に基づき、当センターで運用している、aramaki, edu, med, health, showa, eng サブドメインのメールサービス(以下既存サブドメインメールサービス)を徐々に縮小し、全学Gmailに集約することが承認されました。具体的には、平成25年4月より、既存サブドメインメールサービスは保守対象から除外し、買取システムでの運用とするというものです。本承認に基づき、既存サブドメインメールサービスへの新規登録は原則停止させていただきます

既存サブドメインメールサービスをご利用の皆様におかれましては、下記メリットをご考慮の上、全学Gmailへの移行をご検討下さい。

  • PCだけでなく携帯やiPodにも対応している
  • メール検索が強力かつ高速
  • 大容量(ひとり7GB以上のメールボックス)のため削除する必要がない
  • 迷惑メールとはほぼ無縁
  • Gmailだけでなく、Googleカレンダー(オンラインスケジューラ)、Googleドキュメント(オンラインドキュメント共有)、Googleサイト(Webサイト作成)も利用可能
  • 名誉教授も終身利用可能

全学Gmailを利用するための「全学認証アカウント」の登録は、「総合情報メディアセンター アカウントポータル」の「電子申請」から可能です。新任の先生方の登録は4月7日から可能となっております。

ご理解とご協力をお願い申し上げます。

以上