トップへ戻る
         

群馬大学総合情報メディアセンター

全学認証アカウント

群馬大学全学認証アカウントは,下記のシステムを利用するためのアカウントです。

アカウントの発行

学生

本学の学生は入学時に全学認証アカウントが配布されます。

教職員

本学の教職員は,下記より申請することによって,全学認証アカウントを発行します。

新任の方の全学認証アカウント申請について

全学認証アカウントは大学の在籍者に対して一つのアカウントを発行する必要があるため,在籍確認を行っております。

在籍確認は入力されたデータとシステム内の在籍者名簿を突き合わせており,在籍者名簿は当月1日の人事システムのデータを使用して毎月初めに更新しております。

そのため,月途中で採用された方などが申請を行うと,正しい職員番号にもかかわらず申請ができない場合があります。

もしその場合は,申し訳ございませんが,所属されている部局の庶務担当係(総務係または庶務係)に職員番号,お名前,職種,誕生日を告げていただき,全学認証アカウントを登録できるようにご依頼ください。

学生と非常勤職員を兼任されている方の申請について

学生かつ非常勤職員の場合には,学生アカウントの利用をお願いします。同一人物に複数のアカウントを発行することは認証基盤の意義にかかわるためお受けできません。学生アカウントは,教職員と比べて以下のような利点があります。

  • 名誉教授以外の(非常勤)教職員アカウントは退職すると削除することとなりますが,学生アカウントはずっとお使いいただけます。
  • マイクロソフト包括ライセンス契約でインストールしたソフトウエアは,教職員アカウントは退職するとアンインストールしなければなりませんが,学生アカウントであれば卒業時のバージョンをそのまま利用いただけます。
    卒業後,ライセンス認証に失敗していたことが判明した場合でも,再インストールは認められません。

アカウント情報の更新および削除(教職員)

退職した場合には,全学認証アカウントは削除されます。詳しくはこちらをご覧ください。

卒業生のアカウントについて

卒業生は,卒業後も学生アカウントで群馬大学メールをご利用いただけます。その他のサービスはご利用できなくなります。

退学など卒業されていない方は,メールも含み,除籍後は全てのサービスが利用できなくなります。

研究生・聴講生のアカウントについて

研究生・聴講生のアカウントは,在籍期間終了後,直ちに削除されます。期間の延長や,学生や研究員等への身分の移動がある場合には,必ず,除籍前にお知らせください。